ヨーグルトメーカーのパイオニアタニカ電器

ヨーグルトメーカーのパイオニアタニカ電器株式会社

電話番号:0572-22-7371

TOP > 発酵食品試作報告書 > 甘酒(うるち米)

試作日:

試作報告書は完成を保証するものではなく、あくまで試作時の環境下で作成した結果です。ご利用規約に同意された方のみご利用ください。

閲覧数 1,823

甘酒(うるち米)

甘酒の写真

総評

ご飯なしで作ったほうが、甘味は強い。炊いたご飯やレトルトご飯から作るより、おかゆを炊いて作ったほうが甘味は強い。

結果

見た目食感
すっきりとした甘味もったりしている
印刷

材 料

素 材:うるち米150g
種 菌:伊勢惣 米麹200g

条 件

温 度:60℃
時 間:6~10時間

試作条件

①米を洗い、400mlの水でご飯を炊きます。(圧力鍋で20分炊きました)

②消毒した内容器に①で炊飯したご飯と200mlの水を入れ、しっかり混ぜます。

③ほぐした米こうじを入れ、さらに混ぜます。

④内容器に内ぶたをはめ、ネジぶたをしっかり閉めた後、本体に入れ、外ぶたをします。

⑤温度を60℃、タイマーを6~10時間にセットし、スタートボタンを押して下さい。(6時間で出来ました)

⑥甘みが出ていれば、完成です。

感 想

発酵前 水分が少なく感じる。内容器の2/3以上まで量がある。
発酵後 火入れをすると芯はなくなるが、さらにもったりする。でんぷんのような食感がある。60℃で作った甘酒より甘みを強く感じる。

参考資料

麹の成分表記
トップへ戻る