ヨーグルトメーカーのパイオニアタニカ電器

ヨーグルトメーカーのパイオニアタニカ電器株式会社

電話番号:0572-22-7371

TOP > 発酵食品試作報告書 > 甘酒「米麹」(かなの実験室)

試作日:

試作報告書は完成を保証するものではなく、あくまで試作時の環境下で作成した結果です。ご利用規約に同意された方のみご利用ください。

閲覧数 1,484

甘酒「米麹」(かなの実験室)

甘酒の写真

総評

口に入れた瞬間に、甘味が全体に広がります。 甘さで、ぎゅーっと唾液が分泌される感じです。鼻に抜ける香ばしさと、うまみも感じます。粒粒の米の食感もあります。

結果

見た目食感
―/th>
印刷

材 料

素 材:200ml
素 材:米1合
素 材:米麹(みやここうじ)200g

条 件

温 度:60℃
時 間:6時間

試作条件

①1合のお米でおかゆを炊きます。 (水400ml、もしくは炊飯器の「おかゆ」の目盛り)

②米麹を一粒ずつほぐします(しっかりとほぐしてください)

③消毒した内容器に、おかゆと水200mlを入れしっかり混ぜます。ここに米麹を入れてしっかり混ぜます。 (注意:70度以上の熱いおかゆに米麹を入れてしまうと、酵素が壊れてしまうので甘酒ができません)

④温度60℃、時間06時間にセットして、スタート!

感 想

個人的には冷やしたものをそのまま食べるのが一番好みでした♪ 濃い味が、ぎゅっと口の中に広がる感じがたまりません。そのままでは味が濃いという方は、お好みの分量で水にといてください。温めたり、冷やしたり、いろいろ試して一番好きな飲み方をみつけてみてください!!

参考資料

パッケージ

●みやここうじの特徴

①長毛菌を使用し、菌糸が長く効力が強い。
②低温乾燥してあり、生こうじの様に流通段階での品傷みが無い。
③乾燥こうじの為、生こうじより価格的に割安。
④白色長毛菌の為、利用範囲が広い。
⑤原材料に丸粒上米を使用している(くず米は一切使用していません)。
⑥乾燥こうじの為、いつでも利用でき保管がしやすい。
*伊勢惣HPより抜粋

トップへ戻る